ブライダルネット 口コミ 体験談 結婚 評判

ブライダルネット 口コミ 30代後半男の私がブライダルネットで婚活し、不思議ちゃん医師セレブなどたくさんの方と会い、ついに運命の人と出会って結婚した実体験を赤裸々に公開! 入会時の手続きから、お相手検索、プチお見合い、VIPコースでの出会いなど、ブライダルネットの実態は・・・?!

お断りの返事をする

<ブライダルネット体験談 第12話>

 

⇒ブライダルネットの公式サイト

 

 

ブライダルネットを使い始めて1ヶ月。

 

その間に、おかげさまで32人から申し込みをいただいた。しかし、年齢や外見、子供の有無など、自分の条件と大きく食い違っている人が多く、もっと言えば、自分が登録してある検索条件にジャストフィットする人は一人もいなかった。

 

とはいえ、せっかくお申し込みをいただいたことであるし、女性の方から申し込むには、いくらネット上でも申し込みとはいえ、相当な勇気が必要だったことは、想像に難くない。それゆえ、申し込みをいただいた32人の精査は慎重に行わなければならなかった。

 

 

結論として、私は全員お断りすることにした。

 

実を言えば、一人だけ非常に気になる方がいたのだが、私が南関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉)に住んでいる人を探していたのに対して、その人は北陸地方に住んでいる人だったのだ(居住地以外は、ルックスも含めて、「絶対に一度お会いしたい」と思える人だった)。

 

実は、その人からは、その後再度の申し込みがあり、結局、東京で会うことになるのだが・・・。

 

 

ブライダルネットに登録したばかりということもあり、申し込みを断ることに慣れていなかった私は、32人全員にお断りの返事をしたことに、少なからず罪悪感を覚えた。

 

しかし、一件一件のお断りに理由が求められないのがブライダルネットのよさであり(断る場合は「NO返事をする」をクリックするか、断らなくても、一定期間返事をしなければ、自動的にお断り扱いになる)、活動期間が長くなるにつれて、そうした罪悪感は薄れていった。
そうした罪悪感を覚えること自体が、自己欺瞞にすぎないということに気づいたからでもあった。

 

「みんな幸せになりたいのだ。妥協して会うことは、結局、申し込んでくれた人のためにもならない」―――。
そんな風に思うようになっていった。

 

 

ブライダルネット クチコミ ・・・ブライダルネット体験談 その13へ